医薬祖神(薬の神様)が主神で、無病息災や、医療関係者の祈願も多いようです。

いただいた社伝によると、景行天皇の御代、日本武尊(やまとたけるのみこと)が、蝦夷征伐の為、上野忍ヶ岡を通過。その際、大己貴命(おおなむじのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)が、難儀を救ったことにより、二柱をお祀りなされたのが創祀となるあり、約1900年の歴史がある事になります。

社地は、何度か遷座し、昭和三年に現在の地に遷座となりました。

[大祓式]
毎年6月末日と12月末日の年二回行われる、罪穢を祓い清める神事。
大祓式をはさんで一週間程、社殿前に「茅の輪くぐり」がお目見えします!

🚃JR上野駅公園口徒歩5分。御朱印は、社務所にて300円。