JR鎌倉駅から大塔宮行きのバスで終点まで。バス停目の前の鎌倉宮です。
.
創建は比較的新しく明治時代とのこと。主祭神は、大塔宮(おおとうのみや) 護良親王。明治二年(1869)、明治天皇が親王終焉の地、東光寺跡に神社造営のご勅命を発せられて、御自ら宮号を「鎌倉宮かまくらぐう」と名づけられました。
※鎌倉宮の公式サイトより
.
訪れたのは二月でしたが、春の兆しも見えていました。白と朱の珍しい色合いの鳥居とお花がよく合います。
.
御朱印は、二の鳥居手前を右手に入ったところにある社務所でいただけます。初穂料は300円です。