ホテル・旅館のネット集客コンサルタントの旅情報
御朱印データベース

重要文化財の楼門・社殿は必見★鹿島神宮の御朱印(茨城県の神社-9)

参道にある「楼門」。高さ13mの建物で日本三大楼門に数えられ重要文化財に指定。寛永十一年(1634)に、水戸徳川初代藩主の頼房卿により奉納。以前は檜皮葺の屋根でしたが、昭和四十年に銅板葺になったのだとか。社殿は、本殿・石の間・幣殿・拝殿の4棟からなり、元和五年(1619)に徳川二代将軍の秀忠公が寄進したものが現存。

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 株式会社渡辺旅行研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.